犬の緑内障

 犬の白内障については、色々と調べてきましたが、今回は犬の緑内障について調べてみましょう。
 そもそも、緑内障とはどのような病気なのでしょう? そこから調べてみましょう。
 眼球内には、眼房水という液体があります。
この液体は常に産生と流出を繰り返し、一定の量を保っています。
緑内障は、この眼房水が通常より多くなることで眼球の圧が上昇している状態のことで、
視神経や網膜に変化を起こして視力を失う可能性のある疾患です。
 文字が似ていますが、白内障と緑内障は違った症状の病気です。
 白内障は、眼の水晶体がにごってしまうのに対し、緑内障は視神経が障害を受けることで起こる目の病気です。 
しかし全く関連していないわけでは有りません。
 過熟白内障では、水晶体は膨隆し、前方にせり出てくるため前房が浅くなり、狭隅角による緑内障発作を起こすケースがあります。 
また、水晶体皮質が融解し、そのくずが房水の出口(隅角)に目詰まりを起こして、眼圧を上げて、緑内障を起こすケースがあります。 
 症状としては、目が大きく見える、目を痛そうにしばしばさせる、充血しているなど。
 前述したようにブドウ膜炎から緑内障になることは多く、ブドウ膜炎は角膜に深く傷がついた状態から進行していくこともあるので、
角膜の潰瘍(角膜が白く濁っていたり、毛細血管が出来ている)がある時も要注意です。 
 治療の目的は視力低下や痛みの原因となっている眼圧を低下させることですので、眼圧を下げる目薬などを使用します。
細い注射針を眼球に刺し眼房水を1滴抜くような緊急措置がとられることや、入院が必要なこともあります。
また、レーザー治療等の外科処置や、手術が選択されることもあります。 
 角膜の傷からブドウ膜炎になり緑内障を起こすこともありますので、眼の異変に気づいたらすぐに受診するようにしましょう。
また、緑内障好発種では、眼科専門医などに緑内障になる可能性を検査してもらうことも有効です。 

犬の白内障(ハスキー以外)

 つづいて他の犬種での白内障などにも見てみましょう。

家族の一員として迎え入れる以上、こうした病気に責任を持つ必要があります。

 ミニチュアシュナウザーも若年性白内障にかかりやすいといわれています。

これは遺伝的要素が強く、早い犬では2.3歳で発症してしまう犬もいます。

「歩くのがぎこちなくなった」とか「段差でつまずくようになった」という症状が見られたら、白内障の疑いがあるので早く動物病院に連れて行ってあげてください。

他に腎臓疾患にもかかりやすいと言われています。ミニチュアシュナウザーは人気の犬種なので、飼う際にはそうしたケアも必要なんだという事を肝に銘じておく必要があります。

 コッカースパニエルも若年性白内障にかかりやすい犬です。

これも遺伝的要素が強く早い犬だと2.3歳で発症してしまいます。

れは放っておくとだんだん視力が低下し、最後は失明してしまうという恐ろしい病気です。

残念ながらまだ発症のメカニズムは完全には分かっていません。

発症した後は目薬を点眼するという処置がまず施されますが、これは白内障の進行を遅らさせるだけの処置で根本的な対策にはなっていません。

 これを根本的に治すには、人間の時と同様外科的処置をとらなくてはなりません。

つまり、白内障で濁った目の水晶体を取り除き、そこに新しい犬用レンズを入れるという処置です。なおこの手術は気性の荒い犬や触れるのを極端に嫌がる犬にはできません。

飼い主・犬双方の理解と協力が必要だということです。

 なお手術後は見えるようにはなりますが、その後も目薬の点眼や定期的な通院など飼い主としてのケアが継続的に求められています。根気が必要の病気のようです。また手術費用も高額です。片目につき平均で約30万円程度かかるというデータもあります。これは飼い主が手術を躊躇う一つの要因かもしれません。


 ゴールデンレトリバーも若年性白内障にかかりやすい犬です。

大人しく従順なので人気の犬種なのですが、歩くのがぎこちなくなったなどの症状が見られるようになったら要注意です。

またゴールデンレトリバーは骨関節炎にもかかりやすいといわれています。

骨関節炎は、大きく動く関節に炎症が起こって痛みを伴う病気です。

痛いのは犬にも飼い主にとっても耐え難い一大事のはずですので、ちゃんと動物病院に連れて行くなどケアする事が必要です。

 最後に柴犬です。柴犬も2.3歳で若年性白内障を発症してしまうケースもあり、注意が必要です。

特に若年性白内障は老年期に発症する白内障と違い、進行が早いと言われています。

また柴犬は7歳をすぎると僧帽弁閉鎖不全(そうほうべんへいさふぜん)という病気を発症しやすいと言われています。

これは心臓の血液が逆流したりうまく流れなくなったりする病気です。

柴犬が息切れしたり苦しそうなしぐさをした際には、注意が必要です。

 以上シベリンアンハスキー以外の犬種での白内障を中心にした病気やケアの仕方を見てみましたが、なにか普段とは違うなと感じたら早めに動物病院に連れて行くようにしましょう、。

特に若年性白内障は早期発見・治療で進行を遅らせることができる病気のようです。飼い主の皆さんもその事を肝に銘じておく必要があります。

【参考サイト】

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%83%BC ウィキペディア「ミニチュア・シュナウザー」

http://www.abe-ah.com/care/01.php?no=14 安部動物病院「知って安心!眼の病気のケア」

http://aruah.com/optcataract.htm アル動物病院「白内障」

http://www.shibainu-shop.net/ 柴犬.NET「柴犬に多くみられる病気」

ドッククララスティルで白内障治療!?

ここ最近、新たな新薬が登場し話題になっています。それはドッグクララスティルという目薬で、昨年アメリカで世界初の特許が承認された薬です。もともとは人間の白内障治療のため開発された薬ですが、動物実験の段階で、犬にも大変効果があることがわかりました。10年の臨床試験の末開発されたドッグクララスティルはNアセチルカルノシン・非加水分解カルノシン1%を含有、白内障の原因を根本から改善します。

フランスでは早くから市販されていたドッグクララスティル、アメリカで特許が承認されて、さらに認知度が広まりました。日本では今年からネットを通して購入が可能となり、一本6000円前後とややお値段はしますが、画期的な薬で、手術をしないというメリットを考えれば、決して高いとは言えないお値段と思います。

ドッグクララスティルの臨床試験結果が公表されていますが、一日2回、三ヶ月間使用した結果、90%に視力の改善が見られました。また41,5%に水晶体の濁りの改善が見られ透明性を取り戻すことができました。しかも、副作用はほとんどありません。

人間の為に10年にわたる開発の段階で、動物実験を行い、犬にも効果があることがわかりました。犬の白内障の治療が大きく変わる可能性を秘めた薬です。

かわいいいシベリアンハスキーを盲目にしないであげる可能性を秘めたドッグクララスティルをお試しください!

シベリアンハスキーと同様な病気を持つ犬種にゴールデン・レトリーバー
、ジャーマン・シェパード、セント・バーナード、パグ、ヨークシャー・テリアがいますので、ご参考にしてください。

シベリアンハスキーを飼うにあたって・・・

シベリアンハスキーを飼うに当って事前に知っておかなければならない事に、若年性・壮年性の病気があります。

これは犬の白内障でこの治療費が無保険により30万にも上ることが分かってます。

シベリアンハスキーの場合、

ペットショップで購入した時には健康だったのに、若年性白内障が遺伝的な原因で生後6ヶ月~2歳半位に発症するとのことで驚きます。

しかし若年性白内障は遺伝的原因が大きいのですが、

一方で、例えば生育環境により白内障になる場合があり、

これは本来寒さ厳しいシベリアで暮らしてきた犬ですから日光が殆どない生活を送っている訳です。

物もトナカイ肉を11固まりで生きてきたのです。


日本の紫外線で夏は30℃を超えて、栄養過多の食事を与える環境下で暮らすと、

本来あった体調が環境の変化についていけなくなり、それで眼の水晶体の代謝作用が狂って白内障になり発症します。

従来の治療法に点眼薬治療と外科的手術治療がありました。

点眼薬治療は水晶体の濁り予防や進行を妨げますが根本治療にはなりません。

外科的手術でというと、犬の寿命の点と費用対効果(感染症リスク)を考えて、

点眼薬で白内障の進行を遅らせながら天寿を全うさせてあげるのが良いかと思います。

犬を飼おうと考え中

私の家で犬を飼おうと考えているのですが、いろいろな種類の中からシベリアンハスキーにするということを決めました。
あのシルバーの毛がとてもかっこいいという印象を持ったからです。
あと、知り合いが以前シベリアンハスキーを飼っていて、とても賢くて人懐こいのでかわいいなと思ったこともきっかけです。
寒いところで良く飼われる犬で、群れで過ごすため社会性に富んでいます。
小さい頃はやんちゃで、でも大人になると知らない人にも懐くような頭のいい犬なのです。
ただし、従順すぎて番犬には向きません。ただ家族には馴染みやすいでしょう。
しかし、心配なことが1つあります。
寒いことには慣れていますが、暑い夏はどのようにして過ごすのでしょうか。
また、厳しい暑さに耐えられるのでしょうか。心配です。
シベリアンハスキーがなりやすい病気ですが、若年性白内障という症状があります。
生活環境によってかかってしまうのです。
白内障になると、前が見辛くなりふらふらとぶつかってしまったり、元気がなくなって機嫌が悪くなる可能性もあります。
どうして若年性白内障になるのでしょうか。
シベリアンハスキーの場合、日光とは無縁のシベリアの地で過ごしてきたわけですから、日の光に慣れていないのです。
そして、暑くなったり、おいしいご飯が食べられる環境になってしまうと、体や心のバランスがとれなくなり、体調を崩してしまうのです。
老年性白内障とは違い、若年性ということは若いうちにかかる可能性があるわけですね。
それでは、とてもかわいそうで見ていられません。白内障にかかると、なかなか治り辛いのです。
手術をさせなければいけないのでしょうか。それではストレスがかかってしまいますし、あまり手術をさせたくありません。
他の犬種でも、ミニチュアシュナウザー、コッカースパニエル、ゴールデンレトリバー、柴犬などが白内障にかかりやすいです。
これから迎え入れてあげる家族なのですから、事前にどのような病気になりやすいのか、またどのようなケアをしてあげればいいのか、知っておいてあげたいですね。
 
 

24時間テレビ、立入禁止の縄文杉裏にキャンプ設営か屋久島ガイドが告発

iPadを使った「iCat」マジック(2012年8月11日);病気の少女のために作られた“ネコ没入プロジェクト”(2012年8月9日);8月8日は国際ネコの日お祝い動画がかわいすぎる(2012年8月8日);サーフボードに乗ったネコ、すいすいーっとから逃げる(2012年8月7日);世界初、ネコ用ネコと魚の関係描いた金

企業も注目?「こんなときにイケメン」体験!

最近読んだ「エロティック・キャピタル」というアメリカの研究本では、人の持つ三つの資産、エコノミック、カルチャー、ソーシャルに加えて、「エロティック・キャピタル」を重要な四つの資産としています。エロティック・キャピタルとは「美しさ、性的魅力、自己演出力、社交スキル」です

シャア専用トヨタ車に、自衛隊車両の実物展示も

キャラホビ2012」会場の幕張メッセに到着してまず筆者がについたのが、トヨタ自動車によるコンセプトカー「シャア専用オーリス」の展示でした。これもいわゆる痛車だとすれば、世界のトヨタによる由緒正しい痛車というわけです。画像真っ赤に染まったトヨタ自動車のブース。

「町ねこ」と共存目指す

調査ではネコを見かけた場所、の色、身体やしっぽの大きさなどを専用カルテに記入する。今月19日は長崎市の新大工町かいわいを調査した。や猫にふん・尿をさせないで」と書かれた注意書きなども多くの場所で確認した。「また子ネコが生まれとったよ。みんなが餌やる

FDドライブで演奏した「ゴーストバスターズ」が懐かしくてアガる

iPadを使った「iCat」マジック(2012年8月11日);病気の少女のために作られた“ネコ没入プロジェクト”(2012年8月9日);8月8日は国際ネコの日お祝い動画がかわいすぎる(2012年8月8日);サーフボードに乗ったネコ、すいすいーっとから逃げる(2012年8月7日);世界初、ネコ用ネコと魚の関係描いた金