犬の眼の病気

犬の眼の病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

犬は元々視力の弱い動物です。
ですから、眼の病気も様々なのです。
中でももっとも多い病気が外傷が原因の病気なのです。
意外な感じがするかもしれませんが、犬同士のケンカやじゃれあいで眼に傷がつくことがあります。
それが原因で眼の病気を発症することがあるのです。
ですから、これに関しては飼い主さんが十分に気を付けていなければいけないのではないかと思います。

他にも犬がかかりやすい眼の病気には

・眼瞼内反症
・外反症
・涙管閉塞
・チェリーアイ
白内障
・緑内障

などがあります。

犬種によって、眼が飛び出ているものもあり、特に眼の病気に注意が必要な犬種でもあります。
シー・ズーやペキニーズに代表されるような犬種は特に注意が必要ということになるのです。

眼に異物が入って、見えなくなることもあります。
そういう場合には、早めに獣医さんに行って異物を取り除くことが大事になってくるのです。

犬は人と違って、言葉を話すことが出来ません。
眼が痛いだけでも眼を閉じてしまうことがあります。
そういう時も出来るだけ早く獣医さんのところに連れていくといいと思います。

異変を早期に発見をするということが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です