犬が白内障になる原因

犬の白内障になる原因とは、どういうものがあるのでしょうか。

犬の白内障は段階によって治療も変わってくるのです。
初発の白内障、未熟な白内障、成熟の白内障、そして最後に過熟の白内障という順で変化をしてくるのです。

また、犬種によっても変わってくるのです。
人間の白内障と同じで犬の白内障にも先天性と後天性があります。
先天性の白内障はゴールデン・レトリーバー、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアなどに多いのです。
これは犬の遺伝子の問題なのではないかと考えられています。

他の眼の病気が原因白内障になることもあります。
これは外傷性の眼の病気が原因になることもあるのです。
ですから、出来るだけ注意をすることで避けられることでもあると思います。
外傷性の白内障の場合は眼球への損傷が原因になることが多いので、治療の方法も比較的簡単なのだそうです。

糖尿病が原因白内障もあります。
これも人間と同じ仕組みと言うことが出来ます。
今、動物も人間がかかる病気のほとんどを罹患するんだそうです。
ですから、糖尿病もポピュラーな病気ですし、糖尿病が原因白内障になることだって当然あることなのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です