犬の白内障になりやすい犬種

犬で白内障になりやすい犬種というのがあります。
犬種によって、眼の構造も微妙に違ってくるので、白内障になりやすい犬種となりにくい犬種というのがあるのです。
でも白内障になりにくい犬種だからと言って、油断は禁物です。
当然、なりにくいということだけであって、なる可能性だってあるのです。

特に白内障になりやすいので、注意が必要な犬種は

・ゴールデン・レトリーバー
・シェルティー
・ダックス
・ビーグル
・プードル

などです。

また、高齢の犬の場合には、どの犬種でも白内障にかかりやすいので注意が必要となってきます。
これは人間と同じ現象であるということもできるのではないかと思います。

白内障の種類によってもかかりやすい犬種があります。

先天性白内障にかかりやすいのが

・チン
・パグ

若年性白内障にかかりやすいのが

・シベリアンハスキー

なのだそうです。
これは一般的に言われていることであって、その犬種以外の犬を飼っているから大丈夫ということはありません。

普段から犬の健康状態をチェックし、気にかけておくことが必要になってきます。
犬は嗅覚が優れているので、白内障になっても嗅覚で行動をすることが出来るので、異変に気付くのが遅くなることもあるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です