ドッグクララスティルは特許承認されているの?

ドッグクララスティルに関してですが、アメリカではすでに特許が下りています。
日本ですと、今特許申請中なのです。
これはまだ新しい薬ということもあるので、中々申請が下りないのではないかと思います。
ドッグクララスティルを使う人が増えてくれば、これは動物病院での扱いが増えてくると思いますし、難しい犬の白内障手術を行うということも減ってくるのではないかと思います。

ドッグクララスティルの特許が承認されるのは、間もなくなのではないかと思うのです。
まだまだ新しい薬ではありますが、海外ではポピュラーな犬の白内障の治療薬として使われているのです。
安全性も保障されていますし、副作用もゼロという海外での報告もあります。
そういう点を踏まえて、日本でも特許承認がされるのではないかなと思います。

今まで、犬の白内障治療には限界がありました。
高齢犬である場合に多い病気ですので、手術は危険が大きすぎるということで、避けられていたことでもあると思います。
ですから、ドッグクララスティルという点眼薬で犬の白内障の治療を行うことが出来るのであれば、これは画期的なことでもあるのではないかなって思います。
より多くの飼い主さんに知っておいて欲しいことでもあると思います。

ドッグクララスティルって医薬品なの?

ドッグクララスティルは医薬品というよりも、サプリメントのようなものとして考えたほうがいいのではないかなと思います。
また、日本ではまだ特許申請中のものでもあります。
アメリカではすでに特許を取得しています。

医薬品の中には、医師の処方箋が必要なものがあり、これは保険が適用されます。
しかし、ドラッグストアや薬局で販売されている薬の中に、保険が適用されないものもあります。
犬は保険に加入をするということがありません。
任意で飼い主さんが医療保険に加入をしているということはありますが、誰でも加入をしているというものではありません。
ですから、動物保険に加入をしていたとしても、ドッグクララスティルを購入した場合には、保険は適用外になるのではないかなって思います。

人間も犬も、クララスティルに関しては、まだまだ効果を実証するっていうことが少ないのかもしれません。
新しい薬でもあるので、まだドッグクララスティルに関して説明がされているところっていうのは少ないです。
ウェブで探してみても、あまり情報量は多くありません。

私はドッグクララスティルを医薬品か医薬品外で分けるとしたら、医薬品外なのではないかなって思います。
サプリメントと同じ感覚で利用をすると考えると、医薬品外になるのではないかと思います。

ドッグクララスティルはどこで買えるの?

では、ドッグクララスティルを利用してみたいという場合には、どこで購入をしたらいいのでしょうか?
まずは、ドッグクララスティルはサプリメントのような感覚で使うということを忘れないでください。
犬の白内障の特効薬ではありません。
効果の表れも犬種などによっても差が生まれます。
そして使いはじめたら、継続して使っていかなければいけないものであることも理解しておいてください。
良くなってきたから、使用を中止するという場合には、元の白内障に戻ってしまうことがあるということも、頭に入れておいて欲しいと思います。

動物の薬は人間の場合とは違います。
犬のサプリメントがペットショップであったり、ドラッグストアで販売していることもあります。
ペットフードのコーナーがあるホームセンターなどの販売店でも扱いがあります。

それでドッグクララスティルに関しては、扱いがないショップが多いと思います。
ドッグクララスティルの販売に関する、日本語のウェブサイトがあるので、そこで購入をするのが一番いいのではないかと思います。

購入はフランスからの輸入になります。
ですから、注文をしてすぐに届くというわけではありません。
今はこの方法がもっとも効果的なのではないかと思います。

ドッグクララスティルって白内障に効くの?

ドッグクララスティルは実際に、犬の白内障に効果があるのでしょうか。
日本ではまだまだ扱っている動物病院は少なく、利用をしたいっていう場合には、個人輸入になってしまうこともあります。
ですから、日本国内ですでに「効果があった」という声を聞くことは少し難しいかもしれません。
継続して使っていかなければいけないものでもあるので、手術のような即効性はありません。
段々よくなっていくという感じなのです。

それが人間であれば、自覚症状などで改善されてきているのかどうかということを判断することが出来ると思います。
しかし相手は犬ですから、調子を聞くこともできませんし、自覚症状に関しては全く分からないということになってしまうと思います。

ただ、ヨーロッパ諸国ではこのドッグクララスティルはすでに多くの犬に利用され、その効果が90%というので、効果があると言ってもいいのではないかなと思います。

このドッグクララスティルに関しても、犬種によって効果に大きな差が生まれてきてしまいます。
犬の白内障の進行具合によっても、効果というのは違ってくると思います。
ですから、どんな犬にも効果が見られる、短期間で白内障が完治するということは、まずないと思っていてください。

ドッグクララスティルってどんな目薬?

犬の白内障に効果がある点眼薬というのがあります。
でもまだこれは日本では発売して間もないので、どこの動物病院でも扱っているというものではありません。
ただ、ヨーロッパ諸国ではポピュラーな点眼薬なのです。

人間の白内障でもクララスティルは最近注目をされてきている点眼薬です。
内容は全く同じ。
それが犬にも効果があるということなのです。
人間と同じ効果を得ることが出来るということなのです。

今まで犬の白内障には効果的な治療方法がありませんでした。
人間と違って、簡単に手術を行うというわけにもいきませんし、対応をしてくれる動物病院や獣医師が中々いません。
経過観察だけということがとても多いのです。
それは昔から変わらないことでもあります。
今は動物の世界であっても、高齢化が進んでいます。
白内障は高齢犬にとても多い眼の病気なので、高齢化とともに白内障を発症する犬が増えてきているのです。
ですから、治療方法というのもまだ発展途中なのではないかと思います。

ドッグクララスティルの導入によって、点眼で白内障の治療が出来るというのは、とても画期的なことだと思います。
10年以上、臨床実験を繰り返し、90%以上の改善が見られた点眼薬なので、利用する価値はあるのではないかなと思います。

新しい治療法

犬の白内障治療で、手術以外に新しい方法というのが、開発されてきています。
それは人間と同じ方法で、点眼や内服薬による治療です。
特に点眼に関しては、かなり研究が進んでおり、実際に海外での犬の白内障治療にも使われているものがあるんだそうです。

人間と犬などの動物は、同じ薬を使うことがあります。
その薬の量が違うだけ、ということがとても多いのです。
その量の調整というのが、少し難しいということもあります。
ですから、キチンとした知識があり、任せることが出来る、信頼をすることが出来る獣医師ではないと、中々使う勇気というのが出てこないのではないかなって思うのです。

内服薬もあるのですが、人間とは違って、犬に薬を飲ませるというのは、少し難しいことだと思います。
その犬の性格などにもよって変わってくるとは思うのですが、点眼薬のほうが利用しやすいっていうこともあると思います。

また、サプリメントを使用するという治療方法もあります。
今は犬専用のサプリメントの種類も豊富になってきましたし、本当に様々なものがあります。
獣医師に相談をして、摂取をするサプリメントを決めるということもあるのではないかなと思います。

手術を行うことが出来ない場合には、点眼や内服薬の利用ということになると思います。

従来の治療法

犬の白内障は、従来治療方法がないと言われてきました。
それは犬は人間とは違って、視覚に頼って生きているわけではないということが大きいのです。
嗅覚で行動をして生きているので、視力が失われてしまっても、支障がないということが大きな原因だと思います。

また、犬の白内障はとても多く、特に高齢犬にはとても多い病気でもあります。
飼い主が注意をしていれば、多少のことは気にならないということがあるのです。
ですから、獣医師に診てもらったとしても、経過観察で終わってしまうこともありました。

でも、人間と同じように手術を行うということもあるのです。
ただ、犬の白内障の手術は人間とは違って、誰でも受けることが出来るというものではありません。
高齢犬の場合には、手術に耐えるだけの体力がないということで、手術を避ける傾向があります。
手術を行うことが寿命を縮めることになってしまうのです。

その子にとって、もっともいい方法を考えるというのが、獣医師と飼い主にとって大事なことなのではないかと思います。
出来るだけ体の負担になるような治療方法は避けたほうがいい、ということにもなるのではないでしょうか。

従来は治療方法はなく、経過観察ということがもっとも多かったようですし、今でもほとんどがそのような対応になっているようです。

犬の白内障手術後の問題点

犬の白内障の手術にも問題点はあります。
手術後、キチンと点眼を行わなければいけません。
犬が点眼を行うことは出来ないので、飼い主さんの管理に任せるということになります。
また、犬に限らず、白内障は段々眼が見えなくなってくる病気でもあるので、特に手術直後というのは、眼への負担があまりかからないようにしなければいけないのです。
そういう管理も飼い主さんに全て任されてしまいます。

急に見えるようになると、方向感覚がおかしくなってしまうこともあると思うので、散歩は少し控えたほうがいいということもあるのではないかと思います。
また、散歩に出かけたとしても、犬が歩く方向をキチンと見ておかなければいけません。
管理という面で手術後は飼い主さんがかなり神経を使うということにもなると思います。

他にもシャンプーやトリミングはしばらくは避けなければいけません。
手術後は定期的に動物病院での診察を受ける必要があります。
眼に刺激を与えないように、エリザベスカラーを巻くので、食事などの介助も必要になってくると思います。

エリザベスカラーを巻いていると、生活の上でも様々な支障が生まれてくるので、そういうことは飼い主さんが全てサポートをしなければいけません。

犬の白内障手術の費用

犬の白内障の手術の費用は、どれくらいなのでしょうか。
これは動物病院によっても違ってきます。
今は動物保険もあるので、そういうものを利用すると、また手術費用は変わってくると思います。
保険に加入していない場合には、全額負担になります。

ですから、調べてみても、中々費用を公開している動物病院というのは少ないと思います。
手術を受けることになる前に、大体の費用を聞いておくといいと思います。

しかし、費用が高いのに成功率が低いというのが、犬の白内障の手術でもあるのです。
ハッキリ「専門の機械がないので、当院では白内障の手術を受けることが出来ません。行っていません」という獣医師もいるそうです。
それだけ難しくもあり、対応をしているところが少ないということもあるのです。

獣医師は人間の医師とは違って、動物の病気の全般を診なければいけません。
動物の眼科医というのは滅多にいないと思います。
だから、手術も難しいですし、点眼で様子を見たり、嗅覚に頼って生活をすることが出来るので、手術をしないでおくっていう獣医師も多いのが事実です。

費用もビックリするくらい高いというところもあるそうです。
事前に相談をすることが出来る獣医師だといいのではないかなと思います。

犬の白内障手術の危険性

犬の白内障の手術にも、当然危険性は伴います。
どんな手術でも危険性はあるのです。

犬種によっても危険性っていうのは違ってくると思います。
白内障の症状、進行具合、原因によっても様々な危険性があるのです。

まずは白内障だけではなく、どんな手術でも起こりうる危険ですが、動物の場合には局所麻酔を使うことが出来ません。
稀に局所麻酔ということがあるかもしれませんが、大抵の場合には全身麻酔になります。
個別で麻酔が効きにくいっていう子もいるので、そういう場合には手術自体が中止になってしまいます。

また例え麻酔が可能だとしても、呼吸のトラブルだったり予期せぬことが起きることだってあります。
全身麻酔でチューブを挿入するので、数日間はせき込んだりということもあります。
そういうことをしっかり理解しておかなければいけません。
特に老犬の場合には、体力も落ちているので、手術に耐えられるだけの体力がないっていうこともあります。

白内障の手術を行うことが出来る医療器具や獣医師の技術がない場合には、手術は受けられませんし。
そうなると、手術を受ける施設を探していかなければいけないということも起きてくると思います。

一般的には、人間の白内障の手術で考えられる危険とほぼ同じだと考えていいと思います。