犬の白内障手術の危険性

犬の白内障の手術にも、当然危険性は伴います。
どんな手術でも危険性はあるのです。

犬種によっても危険性っていうのは違ってくると思います。
白内障の症状、進行具合、原因によっても様々な危険性があるのです。

まずは白内障だけではなく、どんな手術でも起こりうる危険ですが、動物の場合には局所麻酔を使うことが出来ません。
稀に局所麻酔ということがあるかもしれませんが、大抵の場合には全身麻酔になります。
個別で麻酔が効きにくいっていう子もいるので、そういう場合には手術自体が中止になってしまいます。

また例え麻酔が可能だとしても、呼吸のトラブルだったり予期せぬことが起きることだってあります。
全身麻酔でチューブを挿入するので、数日間はせき込んだりということもあります。
そういうことをしっかり理解しておかなければいけません。
特に老犬の場合には、体力も落ちているので、手術に耐えられるだけの体力がないっていうこともあります。

白内障の手術を行うことが出来る医療器具や獣医師の技術がない場合には、手術は受けられませんし。
そうなると、手術を受ける施設を探していかなければいけないということも起きてくると思います。

一般的には、人間の白内障の手術で考えられる危険とほぼ同じだと考えていいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です