犬の白内障手術後の問題点

犬の白内障の手術にも問題点はあります。
手術後、キチンと点眼を行わなければいけません。
犬が点眼を行うことは出来ないので、飼い主さんの管理に任せるということになります。
また、犬に限らず、白内障は段々眼が見えなくなってくる病気でもあるので、特に手術直後というのは、眼への負担があまりかからないようにしなければいけないのです。
そういう管理も飼い主さんに全て任されてしまいます。

急に見えるようになると、方向感覚がおかしくなってしまうこともあると思うので、散歩は少し控えたほうがいいということもあるのではないかと思います。
また、散歩に出かけたとしても、犬が歩く方向をキチンと見ておかなければいけません。
管理という面で手術後は飼い主さんがかなり神経を使うということにもなると思います。

他にもシャンプーやトリミングはしばらくは避けなければいけません。
手術後は定期的に動物病院での診察を受ける必要があります。
眼に刺激を与えないように、エリザベスカラーを巻くので、食事などの介助も必要になってくると思います。

エリザベスカラーを巻いていると、生活の上でも様々な支障が生まれてくるので、そういうことは飼い主さんが全てサポートをしなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です