ドッグクララスティルってどんな目薬?

犬の白内障に効果がある点眼薬というのがあります。
でもまだこれは日本では発売して間もないので、どこの動物病院でも扱っているというものではありません。
ただ、ヨーロッパ諸国ではポピュラーな点眼薬なのです。

人間の白内障でもクララスティルは最近注目をされてきている点眼薬です。
内容は全く同じ。
それが犬にも効果があるということなのです。
人間と同じ効果を得ることが出来るということなのです。

今まで犬の白内障には効果的な治療方法がありませんでした。
人間と違って、簡単に手術を行うというわけにもいきませんし、対応をしてくれる動物病院や獣医師が中々いません。
経過観察だけということがとても多いのです。
それは昔から変わらないことでもあります。
今は動物の世界であっても、高齢化が進んでいます。
白内障は高齢犬にとても多い眼の病気なので、高齢化とともに白内障を発症する犬が増えてきているのです。
ですから、治療方法というのもまだ発展途中なのではないかと思います。

ドッグクララスティルの導入によって、点眼で白内障の治療が出来るというのは、とても画期的なことだと思います。
10年以上、臨床実験を繰り返し、90%以上の改善が見られた点眼薬なので、利用する価値はあるのではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です