ドッグクララスティルは特許承認されているの?

ドッグクララスティルに関してですが、アメリカではすでに特許が下りています。
日本ですと、今特許申請中なのです。
これはまだ新しい薬ということもあるので、中々申請が下りないのではないかと思います。
ドッグクララスティルを使う人が増えてくれば、これは動物病院での扱いが増えてくると思いますし、難しい犬の白内障手術を行うということも減ってくるのではないかと思います。

ドッグクララスティルの特許が承認されるのは、間もなくなのではないかと思うのです。
まだまだ新しい薬ではありますが、海外ではポピュラーな犬の白内障の治療薬として使われているのです。
安全性も保障されていますし、副作用もゼロという海外での報告もあります。
そういう点を踏まえて、日本でも特許承認がされるのではないかなと思います。

今まで、犬の白内障治療には限界がありました。
高齢犬である場合に多い病気ですので、手術は危険が大きすぎるということで、避けられていたことでもあると思います。
ですから、ドッグクララスティルという点眼薬で犬の白内障の治療を行うことが出来るのであれば、これは画期的なことでもあるのではないかなって思います。
より多くの飼い主さんに知っておいて欲しいことでもあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です