傭兵の告白ジョン・ダニエル著

そのはしばしばフランスのラグビーの悪しき名物「目つぶし」の餌食となる。まさに身を削って報酬を得る兵士なのだ。異文化の明敏な分析と生々しい体験のユーモラスな描写。プロとしての覚悟とアマ時代の五郎丸の生涯三浦明博著と人のつながり、しみじみと(8/16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です