長寿で亡くなった人からiPS細胞作製慶大教授ら成功

チームは、重い病気をせずに年を重ね、老衰や肺炎で亡くなった105歳を超える2人の皮膚細胞から、iPS細胞を作り、神経細胞に変化させた。アルツハイマー病やパーキンソン病の患者のiPS細胞も皮膚から作り、神経細胞に変化させた。長寿の人の細胞と比べると、病気

38年間で無借金は3年だけ

38年間で無借金は3年だけ.想像してみてください。ある人が社会人になり38年を迎えました。….大手小町…日露「猫外交」に期待感·喫煙者率…17年連続で過去最低·投資格言….病気やケガに対する高齢者の備えは?(7月28日);税金家を買い替え親と同居予定、

“究極の個人情報”慶大の教授が自身の個人全ゲノムを実名で公開、日本人初

主従みたいなとネコ(2012年7月3日);ネコの形の棚「PixelCatShelf」がかわいらしい(2012年7月2日);ネコは重力を超越しているらしい?(2012年7月1日);つかまえちゃうぞーネコのしっぽを追いかける赤ちゃん(2012年6個人のゲノムが手に入るようになれば、自分がどのような病気になりやすいかリスク

胆管がん多発の会社「異常ない」…元従業員反論

労働安全衛生法で、換気が義務付けられていた「ジクロロメタン」は、「97年以降は使っておらず、それ以前は調査中」とし、「病気と業務との因果関係は不明」とした。一方、元従業員の本田真吾さん(30)は会見で、06年夏の健康診断で肝機能異常がみつかり、検査を行った

NIMS、核酸医薬「CpGODN」の作用をナノ粒子によって増強させるスキルを開発

特定のタンパク質や塩基配列を認識して、病気原因となる分子だけにピンポイントで作用する分子標的薬という最先端の能力だ。その中の1つがCpGODNがある。これは外敵であるウィルスや細菌に特有の塩基配列、シトシン(C)-グアニン(G)を含むように合成された核酸医薬