犬を飼おうと考え中

私の家で犬を飼おうと考えているのですが、いろいろな種類の中からシベリアンハスキーにするということを決めました。
あのシルバーの毛がとてもかっこいいという印象を持ったからです。
あと、知り合いが以前シベリアンハスキーを飼っていて、とても賢くて人懐こいのでかわいいなと思ったこともきっかけです。
寒いところで良く飼われる犬で、群れで過ごすため社会性に富んでいます。
小さい頃はやんちゃで、でも大人になると知らない人にも懐くような頭のいい犬なのです。
ただし、従順すぎて番犬には向きません。ただ家族には馴染みやすいでしょう。
しかし、心配なことが1つあります。
寒いことには慣れていますが、暑い夏はどのようにして過ごすのでしょうか。
また、厳しい暑さに耐えられるのでしょうか。心配です。
シベリアンハスキーがなりやすい病気ですが、若年性白内障という症状があります。
生活環境によってかかってしまうのです。
白内障になると、前が見辛くなりふらふらとぶつかってしまったり、元気がなくなって機嫌が悪くなる可能性もあります。
どうして若年性白内障になるのでしょうか。
シベリアンハスキーの場合、日光とは無縁のシベリアの地で過ごしてきたわけですから、日の光に慣れていないのです。
そして、暑くなったり、おいしいご飯が食べられる環境になってしまうと、体や心のバランスがとれなくなり、体調を崩してしまうのです。
老年性白内障とは違い、若年性ということは若いうちにかかる可能性があるわけですね。
それでは、とてもかわいそうで見ていられません。白内障にかかると、なかなか治り辛いのです。
手術をさせなければいけないのでしょうか。それではストレスがかかってしまいますし、あまり手術をさせたくありません。
他の犬種でも、ミニチュアシュナウザー、コッカースパニエル、ゴールデンレトリバー、柴犬などが白内障にかかりやすいです。
これから迎え入れてあげる家族なのですから、事前にどのような病気になりやすいのか、またどのようなケアをしてあげればいいのか、知っておいてあげたいですね。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です