ドッククララスティルで白内障治療!?

ここ最近、新たな新薬が登場し話題になっています。それはドッグクララスティルという目薬で、昨年アメリカで世界初の特許が承認された薬です。もともとは人間の白内障治療のため開発された薬ですが、動物実験の段階で、犬にも大変効果があることがわかりました。10年の臨床試験の末開発されたドッグクララスティルNアセチルカルノシン・非加水分解カルノシン1%を含有、白内障の原因を根本から改善します。

フランスでは早くから市販されていたドッグクララスティル、アメリカで特許が承認されて、さらに認知度が広まりました。日本では今年からネットを通して購入が可能となり、一本6000円前後とややお値段はしますが、画期的な薬で、手術をしないというメリットを考えれば、決して高いとは言えないお値段と思います。

ドッグクララスティルの臨床試験結果が公表されていますが、一日2回、三ヶ月間使用した結果、90%に視力の改善が見られました。また41,5%に水晶体の濁りの改善が見られ透明性を取り戻すことができました。しかも、副作用はほとんどありません。

人間の為に10年にわたる開発の段階で、動物実験を行い、犬にも効果があることがわかりました。犬の白内障の治療が大きく変わる可能性を秘めた薬です。

かわいいいシベリアンハスキーを盲目にしないであげる可能性を秘めたドッグクララスティルをお試しください!

シベリアンハスキーと同様な病気を持つ犬種にゴールデン・レトリーバー
、ジャーマン・シェパード、セント・バーナード、パグ、ヨークシャー・テリアがいますので、ご参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です